ブログアーカイブ

Macintosh_IIfx

Mac II fx これは私の憧れのマシンでした。 当時、ニューヨークでは商社丸紅がMacintoshコンピュータを扱っていた代理店でした。 私は中古のMac II を購入し、自宅で遊んでいましたが、お客様を開拓しなければいけません。 そこで、丸紅が催した展示会に行ってみました。 展示会で私は、いろいろ業界の情報を聞き出そうと、丸紅の方から質問したりあれこれマシンを触って操作していました。 そうすると、その様子を見ていたのでしょう、ある中年の男性が声をかけてきて、高解像なレーザープリンターの事を質問をしてきました。 わかる限りで返答しますと、感心した様子で 「丸紅の人にきいても答えてくれなかったが、おまえさんはよく知っとおるな。ちょっとお茶でも飲まんか」 と誘ってきました。それがその後長年にわたる阿武さんとの出会いでした。 翻訳会社を営む阿武さんとは実にいろいろな思い出があります。しばらくは彼が私のスポンサーみたいなものでした。次から次へとコンピュータのハード、ソフトに関していろんな仕事を振ってくるのです。コロンビア大学の近くにある彼の邸宅には何十回ときかないくらい通いました。かれは若くして喉頭がんで亡くなってしまいましたが、そのあとも彼の奥さん(コロンビア大学の講師)とはときどきFacebookでやりとりします。 当時の彼のもくろみは、出回り始めた高解像なレーザプリンタで版下を作り、安く出版などのサービスを提供しようといったものでした。かれは相当プロフェッショナルな翻訳家でしたが、山っ気たっぷりの人でした。一度はアラブの王家の親戚かなんかから水のパイプラインの権利を買おうか迷っていました。よくある詐欺話なんですが。 そんな阿武さんと仲良くなり、家に遊びに行くと当時ではばかでかい印象でしたが、20インチモニターとMacIIfxが鎮座していました。 私は自分のマシンに比べ、その処理速度にため息をつき、うらやましがったものです。 このマシンは、当時最高峰で私の初代MacII 16MHzに対して、40MHzと危険なくらいぶっぱやくCPUを回すのでした(当時としては)。いま、Wikiで確認してびっくりしましたが$9,900….. 当時のレートはいくらだったか、百数十万円です。 システム開発にまつわる話としては、翻訳原稿と翻訳結果のDBを作ったことでしょうか。語句をコピーして他のアプリに引渡したり、、、後年また違う翻訳会社のために簡単なシステムを作ったこともありますが、当時はあまり本格的な翻訳業務用システムがなかったんですね。 彼はそこでQuark Expressを駆使して翻訳の原稿を書いていました。翻訳の原稿にしてはオーバースペックですが、、。エネルギーにあふれ、興味の赴くままDTPの世界で遊んでいた阿武さん、いまでもときどき思い出します。 Release date March 19, 1990 Introductory price $9,900 Discontinued April 15, 1992 Operating system Mac OS 6.0.5-7.1.1(Pro), 7.5-7.6.1

カテゴリー: デスクトップ

Macintosh II

なんといっても最も思い出深いのがこのマシンです。私が初めて自分のために購入したマシンで、当時中古で$2、000ほどしました。 いざ購入しようと住んでいたブルックリンのウィリアムズバーグからマンハッタンに行こうとしたとき、事件が起こりました。地下鉄に降りて行ったのですが、そこにたむろしていた5~6人のプエルトリコ人の少年たちに襲われたのです。私は、これから購入するマシンで稼ぐんだと意気盛んでしたので、虎の子の$5,000が入ったカバンを振り回して抵抗し、大声をあげました。すると、近所で大工仕事をしていた人たちが聞きつけて降りてきて、助けてくれました。少年たちは蜘蛛の子を散らすように逃げていきましたが、ナイフでももっていたら、と直後にぞっとしたものです。 大工さんたちのおかげで、アメリカでのシステム開発の仕事を再開できました。 1987年3月2日-1990年1月15日 $3,898 WIKIから引用 http://ja.wikipedia.org/wiki/Macintosh_II Macintosh II Macintosh 初の完全32ビット機かつカラー対応の機種。16MHzの68020 MPUと68881 FPUを搭載し、オプションの68851 PMMU (Paged Memory Management Unit) を追加することで仮想記憶にも対応できた。FDDは800KB(後に2HD対応のアップグレードが出た)。FDDが800KBの機種は、この機種および前述のSEの前期型まで。30ピンSIMMスロット8本でRAMは最大8MB(68851 PMMUを搭載させた上で漢字Talk 7.1でMODE32もしくは32-Bit System Enablerを利用すれば、128MBまで利用できる)。IIおよびIIx、IIfxはビデオ回路を内蔵しておらず、ビデオカードに1スロット消費する。

カテゴリー: デスクトップ

Macintosh IIci

DTPシステムとして、私が初めてお客様のために導入したマシンです。十分な拡張性があり、コンパクトでパワーがありました。このマシンでグラフィックスの勉強をし、そのノウハウをお客様に伝えました。 自分のマシンよりも二倍ほどパワーがあり、いつかほしいと思っていましたが、ムーアの法則のおかげで購入することはありませんでした。 このマシンで勉強がてら作成したグラフィックスが、当時発注していた先の印刷屋さんのパーティで行うコンテストに出展されました。当然箸にもぼうにもかからない初心者の手慰みでしたが、印刷屋さんの人が面白がって出したのです。パーティといってもこじんまりとどこかのレストランでやるのかなと思っていましたが、行ってみると大変豪華で、出品者も一流の写真家、アーティストばかりでしたので大いに赤面しました。でも、これにはもうひとつ思い出があり、10年後くらいにその印刷屋を尋ねたところ、その私の最初の作品をパネルにして、学生の教材に使っていました。わたしは頼み込んでそのパネルをもらいうけました。実家にあると思うので、機会があれば掲載します。 WIKIから引用 Macintosh IIci IIcxのビデオ回路内蔵モデル。MPUに25MHzの68030を、FPUに25MHzの68882を搭載し、性能と拡張性のバランスがよく、高価にもかかわらず好調な販売を記録した。標準のシステム構成の場合、グラフィックメモリ (VRAM) はメインメモリと共有するアーキテクチャとなっている(この機能を使うと、使わずにビデオカードを増設する場合よりもメモリアクセスが遅くなる)。Quadra 700へのハードウェア・アップグレードキットも準備された。画面表示を256色モードにして、日付を1989年9月20日に設定して起動時にCommand・Option・C・Iキーを押していると、前述のIIfx同様、開発スタッフの写真が表示される(グレイ256階調でも可能かは不明)。一部のロットにおいて、筐体内部の底面に開発スタッフのサインがあり、ロジックボードを取り外すと見ることができる。

カテゴリー: デスクトップ

Macintosh Plus

初めて見たMacです。友人の家にあり、彼はとても優秀な韓国人でしたが、このモノクロマシンでカラー印刷の仕事をやってのけていました。他にも、この小さなマシンで様々な試みをしていました。知識とやる気さえあれば、パソコン一台でプロフェッショナルなサービスができる事を知った瞬間でした。 また、マイクロソフトワークスをこのマシンで初めて見て驚きました。マイクロソフトワークスは今のMS Officeの簡易版みたいなものですが、そのDB機能を見て、こんなに簡単にDBや画面が作れるということが衝撃的だったのを覚えています。それまで私は、画面一つ作るにも一人月かかるようなメインフレームのシステム開発の仕事しか知りませんでしたから。 WIKIから引用 Macintosh Plus 30ピンのSIMMメモリースロットを採用し1MB(最大4MB)となる。SCSIを標準で搭載。この為スペースの関係上、シリアルポートのコネクタ形状がD-sub 9ピンから丸型DIN 8ピンに変更された。(この機種ではまだADBが用いられていない)日本語が使えるようになった初めてのMac。

カテゴリー: 一般
最近のコメント
    カテゴリー